近視とは


近視きんし)とは、屈折異常の一種で、遠方から眼球内に入ってきた光が、網膜の正しい位置ではなく、網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態のことです。

近視は、近眼(きんがん、ちかめ)といわれることもあります。

近視は、角膜から網膜までの長さである眼軸長(がんじくちょう)が正常より長すぎるか、角膜や水晶体の光の屈折力が強すぎることで起こります。

眼球が通常よりも前後に長く、角膜から網膜までの長さである眼軸長が正常より長いため、網膜よりも前方に焦点を結んでしまうような近視のことを軸性近視じくせいきんし)呼びます。

また、角膜や水晶体の光の屈折力が強すぎることで起こる近視のことを屈折性近視くっせつせいきんし)と呼びます。

軸性近視は、遺伝的要素が多いという報告がされています。



近視の原因は?


近視の原因は、環境や遺伝などが関係するといわれていますが、現在のところは定説はありません。

パソコンやテレビゲーム、テレビ、読書、勉強といった近くを見る作業を長く続けていると目が疲れるといった環境的要因、親が近視の場合、その子供も近視になる可能性は比較的高くなるといった遺伝的要因、また、環境的要因遺伝的要因が重なった場合、他にも偏食、体質、姿勢、ストレスなどの要因などが考えられています。

さらに、成長過程において子供が近視になることが多いようで、子供が成長とともに、眼軸の長さが伸びたことによる要因なども考えられてはいます。

しかし、こういったことが近視の原因になるかどうか、はっきりした証明はありません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。