単純近視と病的近視


単純近視病的近視

単純近視とは、遺伝的要因や環境的要因の影響などで、小学校高学年から中学生くらいではじまる近視のことです。

単純近視は、在学中に発生することが多いので「学校近視」ともいわれ、近視の大部分は単純近視です。

病的近視とは、何らかの異常により眼軸が異常に伸びて発生する軸性近視のことです。

病的近視は、幼児期よりはじまり進行すること多く、発生する原因も不明です。遺伝的要因が関係しているともいわれており、幼児が矯正して、遠くも近くも見にくくしているようしたら注意が必要です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。