近視の矯正


近視の矯正には、眼鏡(めがね、がんきょう)やコンタクトレンズを利用するのが一般的な矯正法です。

近視の矯正には、凹(おう)レンズを使います。

凹レンズは、焦点(ピントが合う点)を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズをかけると、網膜にピントが合って遠くがよく見えるようになります。

眼鏡やコンタクトレンズを使いはじめるときは、眼科で視力検査を受けて、処方箋(しょほうせん)通りの眼鏡やコンタクトレンズをつくるようにしましょう。

眼科を受診する前に、眼鏡屋に行くのではなく、眼科で視力検査を受けて、処方箋を受け取ってから眼鏡屋に行くのが基本です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。