コンタクトレンズでの近視矯正


コンタクトレンズでの近視矯正

コンタクトレンズとは、角膜の表面に接触させて用いるレンズの形態をした医療機器です。

眼鏡に比べて目立たないので眼鏡をかけたくない人に好まれています。

コンタクトレンズの優れた点は、角膜とコンタクトレンズの間の距離がゼロに近いため、眼鏡に比べて像のゆがみや大きさの変化が少ないということです。角膜に直接装着するため、裸眼と変わらない広範囲の視界を得られる上に、レンズ自体が小さいことから度数が強くても厚さはほとんど変わらず、眼鏡のようにずり落ちたり、レンズが曇ったりすることがありません。

しかし、コンタクトレンズは、慣れるまでに時間がかかる、異物感がある、角膜を傷つける場合があるといった欠点もあります。

また、コンタクトレンズは、正しいケアも必要であり、レンズの取り扱いや管理などが大変です。



ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ


ハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、材質によりハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズに区別されます。

ハードコンタクトレンズの装着は、イメージとしては、レンズを角膜の上に乗せるという感じです。

そのため、角膜に異常が起これば痛くて装用できなくなるため、角膜障害が重度になることが少ないです。

しかし、装着時は、ソフトコンタクトレンズに比べ、違和感があり、激しい運動などで、ずれたり、はずれやすいです。

ソフトコンタクトレンズの装着は、イメージとしては、レンズが角膜全体を覆うという感じです。

ソフトコンタクトレンズは、弾力性があり、異物感が少なく、装着時の違和感が小さい反面、細菌が繁殖しやすいという欠点もあります。

ソフトコンタクトレンズは、レンズが角膜全体を覆って、絆創膏(ばんそうこう)のようなはたらきをしてしまい、角膜に障害が起きても自覚しにくく、重症になるまで放置してしまう結果になることがあります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。