近視の治療


近視の治療には、点眼薬を用いる方法とレーザーなどによる手術的な治療方法よがあります。

点眼薬を用いる治療法は、近視になりかけの仮性近視かせいきんし)に特に効果があるようです。

仮性近視は、偽近視ぎきんし)とも呼ばれ、一時的に調節能力が失われ視力が低下する状態です。

手術的な治療方法には、角膜周辺部分を放射状に切開する放射状角膜切開術(ほうしゃじょうかくまくせっかいじゅつ)やエキシマレーザーを角膜にあてて、屈折を矯正するレーシック(LASIK)という治療法があります。

しかし、強度の近視では効果が弱く、また、安定した視力が得られない場合や後遺症が残る場合もあり、効果と安全性が現在検討されています。治療を受ける場合は、十分説明を聞いて納得してから受けましょう。

新しい技術で治療を受けるときには、リスクや金銭的な負担が伴います。

さらに、厚生労働省から認可されていない治療法で治療を受ける自由診療の場合は、特に治療を受ける病院や眼科選びがとても重要になります。


病的近視の場合は、現在のところ有効な治療方法が確立されていません。

普段から網膜剥離や眼底出血などが起こらないように注意し、定期的に眼科医を受診し、検査を受け、異常が起きた場合は早急に手術する必要があります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。